この記事は約 3 分で読めます ( 約 1480 文字 )

ビーグレン悩みが2つある時の定期コースの選び方

 

▼最近ビーグレンを使いはじめた方から、こちらのサイトにこんな質問を頂きました。

定期コースでまとめて買う場合、悩みに合うアイテムの選び方がわからない

「はじめまして、40代の主婦なのですが、ビーグレンの評判を聞いて、お試しトライアルセットを2つ買いました。シワに対してけあが出来るものと、ほうれい線のけあ出来るものです。どちらも1週間使って効果ありそうだと思ったので、定期コースを注文しようと思ったのですが、シワとほうれい線両方ケアしてくれるアイテムが欲しい場合は、何を選ぶと良いのでしょうか?」

 

要約すると、ビーグレンのアイテムが安くなるという「定期コース」を選びたいんだけど、自分の悩みがシワとほうれい線なので次のステップで何を選べば良いのか分からないと言うことですね・・・(うん、これ凄くわかります。)

定期コースどれを選んだら良いの?

そんなあなたに、定期コースを自由自在に活用しまくってる私がズバリ!答えます。

 

その前に素朴な疑問・・・

何故?シワとほうれい線のトライアルセットは分かれてるのか?

ビーグレンのお試しトライアルセットは8種類あるんですが、シワ用とほうれい線用のものは別々に用意されています。何でだろう?と思った事ありませんか?

 

ビーグレンのトライアルが、なぜ2つに分かれてるのか?

 

答えはシワが出来る原因と、ほうれい線が出来る原因がそもそも違うからなんですね(;^_^A アセアセ・・・ 「シワは乾燥や加齢が原因 ほうれい線はたるみが原因」

 

私も初めは勘違いしていたのですが、「シワ」と「ほうれい線」は同じ悩みだと思ってたんですよね・・・・ビーグレンの\2つの悩みをケアする為のセット/が違ううのはちゃんとした理由があったんです。

 

なので、両方の悩みを同時に抱えてる人は、2つのトライアルセットを試す人が多いです。

■シワが気になる人は
「エイジングケア トライアルセット」


・額のしわ
・眉間のしわ
・首のしわ
※深いシワにレチノAのクリーム(レチノールプラスとレチノイン酸トコフェリル)がしっかり浸透してくれるので、徐々に目立たなくなってくると口コミでも評価が高いクリームが入ってます。


QusomeレチノA⇒「乾燥による小ジワが目立たなくなる」効果について試験を実施、医学専門誌「診療と新薬」2016年10月号に掲載

 

■ほうれい線が気になる人は
「たるみほうれい線ケア トライアルセット」


・ほうれい線
・顔のたるみ
・たるみ毛穴
・くすみ
※コラーゲンやエラスチンの減少と乾燥がほうれい線の原因!たるみ→ほうれい線の連鎖を断って、引き締まった上向きの肌を目指すのが「たるみ・ほうれい線ケア」

 

では本題です「シワとほうれい線両方ケアしてくれるアイテム」を探してる場合、何を選べばいいのか?? にこたえましょーー♪

 

▼2つのトライアルセットがヒント(だぶっていないアイテムは2つだけ)

トライアルセットの中を比較すると何が必要か?見えてくる

 

シワの方を重点的にケアしたいならば、QuSomeレチノAは外せない。

ほうれい線をなんとかしたい!と思うならばQusomeリフトでマッサージケアは外せません。

 

クレイウォッシュ・QuSomeローション・Cセラム・QuSomeモイスチャーリッチクリームは重複してるので、ライン使いしたい時はこのセットで使うと間違いありません。

 

Qusomeリフトはわたしも使ってるけれど、小顔効果かなりありますよ~!お化粧する前にマッサージするのと、しないのでは仕上がりが全然違います。シワの方は・・・正直、レチノAだけだと時間がかかるかもしれないので、気になる所をピンポイントで使い続けるのをおすすめします(^・^)ノ