この記事は約 6 分で読めます ( 約 3400 文字 )

ビーグレンってどれぐらいもつ?たとえば、セール期間に出ていたおすすめのセットを「2万円近くかけて買ったけど、1ヶ月もつのかな?」折角買ったのにすぐに無くなってしまうスキンケアなら、続けられる自信無いなぁーって諦めたりしませんでしたか?

 

ビーグレンってどれぐらいもつ?コストパフォーマンスは?

 

ビーグレンは高いとか、コスパ悪いとか聞くけど、それならば、定期で実際に買い続けてる人はどうして続いてるんだろう?と、疑問に思いますよね(^-^;) 

 

今回は、ビーグレンはどれぐらいもつのか?にアイテムごとに焦点をあてて書いてみました。それぞれ気になるアイテムに目次から飛んでみてください。

 

 

公式の予測より、実際に使ってると少し違う「クリームの減り方・化粧水の減り方」も赤裸々にお伝えしてみようと思います。

 

ビーグレンのクリームや化粧水はどれぐらいもつ?

公式サイトの予測発表と、実際つかってみた感じは使い方によって変わります。

参考になるといいのですが、例として、わたしの使い方だとこんな感じで減るというのを、ビーグレンの愛用品の中でメインとなってる製品から順に並べてみました。

 

今メインで使ってるセット 実際に使った感想。(体感)

1.クレイウォッシュ(洗顔150g) 

▼公式予想
[ 容量の目安 ] 
さくらんぼ大を朝・夜使用で1ヶ月

⇒1ヶ月半~2ヶ月はもつ感じ
(週に1度、泥パック!など・・・別の使い方をするともっと早くなくなります。)
2.Qusomeローション(化粧水120mL)

▼公式予想
[ 容量の目安 ] 
直径3cm程度を、朝・夜使用で1.5~2ヶ月

⇒正しい使い方をすれば2ヶ月以上もつ。
(コットンには付けません、手のひらに直径3cmぐらい付けてじっくりとハンドプレスすると、肌がモチモチなりました。)
3.Cセラム(美容液15mL)

▼公式予想
[ 容量の目安 ] 
直径2cm程度を朝・夜使用で1ヶ月

⇒出す量を誤ると早くなくなります・・・
(少量を手のひらにのせて、顔に押しつけるように使ってます。)出過ぎ注意!
4.Qusomeモイスチャーリッチクリーム(保湿クリーム30g)
▼公式予想

[ 容量の目安 ] 
パール1~2粒大を朝・夜使用で1.5ヶ月
⇒私は1ヶ月半ぐらいでなくなります。
(やや固めのテクスチャーと感覚的に伸びが悪いので無くなるのが早い、でも保湿力は断然高いので気に入って使ってます。)

(洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒保湿クリームのライン使いの順番)
どれぐらいもつのか?感じたまま書きました。公式で書かれてる予想よりちょっと長い気がするかも

 

【検証番外】新製品なのでちょっとわからない

■Qusomeナノオフクレンジングのもち具合(メイク落とし)
正直なところ、Qusomeナノオフクレンジングは最近、本製品を開けたばかりなのでまだ使い終わりがいつになるのか?分かりません。

★使った感じは?⇒少量でもわりと伸ばして使えるのと+メイクや水と馴染むとさらっとしたクリーム状に変化して扱いやすくなるので、量を守れば結構長くもちそうです。2ヶ月ぐらい

 

その他の美容クリームのもち具合はどう?(使ったものだけ)

美容クリームは、よく使ってる順から検証していきます。公式の予想も一緒にメモしているので参考にしてみてください゙゙(^ー^)゙

最後はハサミで切って中身を取りだしてます。

 

▼Qusomeホワイト1.9 
⇒シミが気になっている人には超おすすめ!

ハイドロキノン配合クリームと言われるQusomeホワイトクリーム1.9は、定期お届けが4品以上の時に、小さなおまけとして一緒に梱包されてる事があるので、手元に本製品が無い時はこのお試し1回分のパッケージも使っています。

お試し1回分の量?2回は使えますよ。


なので、本製品1本買っていてもお試しから先に開けて使うと、結構長持ちするんです。手の平に伸ばしてからシミやそばかすのある頬へハンドプレス!がいいよ
Qusomeホワイトクリーム1.9(美容クリーム15g)
▼公式の予想

[ 容量の目安 ] パール1〜2粒程度を夜のみ使用で1ヶ月強

私の場合は減らない時は、1本長くて2ヶ月半ぐらいもちました。

 

▼QuSomeレチノA
⇒おでこのシワや首のシワが気になる人

■QuSomeレチノA (美容クリーム15g) 
▼公式の予想
[ 容量の目安 ] パール1粒大を朝・夜使用で1ヶ月

早くなくなってしまう感じがしたのは、レチノールA(広範囲に塗るのと、テクスチャーが柔らかいので減るのが早かったですが、1ヶ月半はもちました。

 

▼トータルリペアアイセラム
⇒目の下のたるみや目元をスッキリさせたい人に向けて作られています。

■トータルリペアアイセラム(美容クリーム15g)
▼公式の予想
[ 容量の目安 ] 1プッシュを朝・夜使用で1ヶ月

目元だけをケアするクリームなので、他のクリームと比べて減りは遅いです。(個人差あるとは思いますが、わたしの場合2ヶ月はもちました。)

 

▼Qusomeリフト
⇒ぼやけた輪郭をスッキリさせたい人におすすめ!

■Qusomeリフト(マッサージ美容液60g)
▼公式の予想
[ 容量の目安 ] 1プッシュを朝・夜使用で1.5ヶ月

小顔マッサージ集中してやりたい時に使いました。2週間プログラムのとおり首元にも使うと、1ヶ月でなくなる感じですが、普段メイクの前に軽くマッサージするぐらいなら2ヶ月はもちます。

 

参照:小顔引き締めマッサージ動画「2週間みっちり集中ケア」1本で十分足りました。

 

▼QuSomeモイスチャーゲルクリーム
⇒サラッとした使い心地の保湿クリーム、保湿に力を入れたい人に

肌の乾燥が気になる人は、リッチクリームをこのあと続けて使うのを推奨されていました。ゲルクリーム+リッチクリームで乾燥肌を徹底的にケアしたい人

■QuSomeモイスチャーゲルクリーム(美容クリーム30g)
▼公式の予想
[ 容量の目安 ] パール1〜2粒大を朝・夜使用で1.5ヶ月

ジェル状なので柔らかくて伸びが良いのですが、リッチクリームと同じで容器の大きさの割に中身が少なく感じるので無くなってしまうのが早いなーと思いました。

 

▼クレイローション
⇒保湿に特化したクレイ成分入りローション、敏感肌の人はコレを選んだほうがいいかも

Qusomeローションをメインで使ってるので、一度しか使った事は無いけれど、ニキビがひどい状態の時に使用した事があります。刺激が少ないローションなので今、肌荒れしてる人はこちらをメインに使った方がいいですねー

■クレイローション(化粧水120mL)
▼公式の予想
[ 容量の目安 ] 直径3cm程度を、朝・夜使用で1.5~2ヶ月

手に適量をのせてから肌にハンドプレスする方法だと、2ヶ月以上もちます。市販の化粧水と違って、少量でも肌へ浸透するのでパシャパシャ使いする必要がありません

 

▼ヌーディーヴェール
⇒紫外線予防しながら顔にあたる光をコントロールする化粧下地です。

お化粧しない時も、このヌーディーウェールだけは塗ってました。UVカット効果はSPF36 PA++だけど、強い紫外線に当たらないならば十分です。何よりもふわっとしたマシュマロっぽいテクスチャーが気に入って使っています。

■ヌーディーヴェール(UVカット化粧下地20g)
▼公式の予想
[ 容量の目安 ] パール1粒大を朝のみ使用で1.5ヶ月

伸びがいいので2ヶ月以上もちます。少し外出するぐらいならこれ1本で薄化粧した感じになるので重宝しています。※パウダー系のファンデとも相性がいいですよ

 

【まとめ】ビーグレンは使い方を工夫するとコスパは悪く無い

おそらく、ビーグレンの公式サイトにある目安は、愛用者さんの平均データーも考えての使用判断なのでしょう。1ヶ月、2ヶ月表記 ※たくさん使う人もいるので。

 

一度ライン使いで揃えたあとは、減ってきたなーと思ったものだけを選んで「定期お届けサービス」で4品選んで60日周期で購入すると、そんなにも高いとは思いませんでした。
※つい切らしてしまったーと言うモノがあっても、日にち変更ですぐ買えます。

 

年間どれぐらいつかってる?と聞かれたら⇒わたしで年間7万~8万ぐらい使ってました。月に換算すると5,000円~1万円の範囲で収まってます。

 

もちろん!選ぶ美容液が多いほど、高くなります。今だけこれを集中して使う!なんて事もできるので上手に使っていけば、続けられますよ~♪

続けるコツは、これだけは継続しよう。コレは普段いらない・・・というアイテムをハッキリさせる事